妊娠中

ローヤルゼリーの劣化とは

健康食品として人気のあるローヤルゼリーは、はちみつと同様に腐りにくいと言われています。
しかし腐りにくいと劣化は別で、特に生ローヤルゼリーは劣化しやすいため保存方法が難しく、長期保存には向いていません。

生ローヤルゼリーは新鮮なほど高品質でデセン酸の含有量が多く、有効成分の効果が高いとされています。
しかし熱や酸化に弱い性質を持っているため、保存方法に注意しなければなりません。
保存温度が低い程鮮度を保つことが出来るため、購入後は冷蔵庫で保存します。
また小分けにして冷凍保存をすることも出来ますが、その場合は鉄のスプーンは使わないように気をつけましょう。
鉄に触れると酸化してしまうためです。
しかし生ローヤルゼリーは鮮度が大切ですから、冷凍で長期保存するよりも使い切れる分だけ買い、無くなった時に買い足す方法が鮮度の高いローヤルゼリーを摂ることが出来ます。

また防腐剤などが含まれているローヤルゼリーもありますが、長く摂り続ける事で効果を維持するため、添加物も一緒に摂り続けるという不安はあります
もともと劣化しやすい成分のため防腐剤など添加物が含まれていても劣化は進みます。
乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーは保存が簡単ですが、やはり長期保存は避けた方がよいでしょう。